金融緩和は一時的、持続可能な成長戦略

今日の新聞紙面で印象に残った記事を書いておこう。

それは、アメリカ経済学会の重鎮のインタビュー記事で、現在の金融緩和政策をどう見るかの話だ。この人の話では、金融緩和を続ければ、物価が上昇し、それにつれて金利も上昇、国債の返還金利や利払いが上昇し、財政再建がさらに難しくなるだろうと言っている。

だから、金融緩和効果は一時的であると言っている。

それではどうすれば、日本経済は回復するのか。

それには、経済成長戦略である『第3の矢』を確実に実行する必要がある。経済戦略には、農業改革や規制緩和が含まれるが、国連で安部首相が言った、女性の社会的進出を積極的に支えていく施策も、日本経済に活力を与えるだろう。

これからの日本の経済が成長していくには、何をおいても構造改革である『第3の矢』がしっかり放たれるかどうかである。

日本にとって必要なのは、単なる一時的な経済の回復ではなくて、持続的な『成長』こそが重要である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック