日本の古典を分かりやすい文章にして欲しい

 私はあまり本を読まないが、それでも時々、話題の本や啓蒙書のような本を読む。そして読めば活力を貰ったり、感動することも多い。今、ジャンジャック・ルソーの本を読んでいるが、頭が回らなくて、理解できないところが多い。日本語を読みこなせないのだ。だから、翻訳者にお願いなのだが、もう少し分かりやすい日本語で翻訳して欲しい。原文そのものが難しいのだから、しようがないですよ、と言う声も聞こえてくるが、原文に忠実で無くてもいいから、分かりやすい日本語で書いて欲しい。

それと、日本の古典のうち、随筆や人生論のようなものを読みたい欲求がある。それを現代語訳と言うより、もっと分かりやすい日本語で翻訳し直した本を読んでみたい。江戸時代やそれ以前にも、色々なすばらしい文章を残している人がいると思う。日本人の才能を再発掘して欲しい。今の危機的状況の中で、農業を主体としていた時代の、先人の生きる思いを学びたいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック