今を、精一杯生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍のでたらめな答弁を聞くと、日本崩壊寸前か、という念を抱く

<<   作成日時 : 2018/05/15 13:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

森友・加計学園問題にも飽きが来て、もう少し何とか進展してほしいと思うのだが、昨日月曜日の国会中継を車の運転中ラジオで聞いてたが、安倍首相らの返答を聞いていると、日本という国が、いったいどうなっているんだという情けなさというのか、あきらめというのか、崩壊寸前だな言う思いを抱く。

 安倍首相というべきなのだろうが、首相と呼ぶ気が起きないので、彼らと呼ばしてもらうと、彼らの返答は決まって、記憶にありません、覚えておりません、だ。面会期日も内容も、何一つ、文章に残っていない。何一つ、記録に残っていないのだから、すべて、あいまいな答弁で、こと済む。そのため、知りません、存じません、お覚えていません。

 少しも、問題点に到達しない。ありとあらゆる疑問が、丁寧に返答すると言いながら、こうした答えしか出ない。加計理事長や中村愛媛県知事の参考人招致を求めても、与党の自民・公明党が反対して実現しない。臭いものにはふたをしろ、何一つ本当のことを言うな、文書やメールに残すな、これが日本という政治の現実だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍のでたらめな答弁を聞くと、日本崩壊寸前か、という念を抱く 今を、精一杯生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる