今を、精一杯生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS 政治家の不正に勇気を振り絞って声を上げよう。あきらめてはならない

<<   作成日時 : 2018/04/13 23:34   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

今の官僚や自民党政治家への怒りをどうぶつければいいのだろうか。多くの人々が何一つ問題が解決しないことにあるいは納得いく返答が返ってこないことに、いら立ちと怒りを覚えているのではないか。その一方で、「柳に風」、「暖簾に腕押し」という感じであきらめムードが漂う。この国はもダメなのか、こんな国に生まれて不幸だ、という思いが徐々に芽生えているのではないか。

 でも、これだけ問題が続けざまに出てくることは、考えようによっては、みんながまだまだ民主主義を守ろうとして、勇気を振り絞って声を上げているからこそ、次から次に問題があぶりだされてくるのだろう。あきらめてはならない。何が問題で、何を隠そうとしたのか。官僚が、政治家がどう関わり、どのように決定されたのか。それが法律にかない、正義や公正が担保されたものなのか。あるいは首相の誘導があったのか。そういうことについて多くの人が納得いくまで、議論を続けなくてはならない。それが民主主義を守る基本なのだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
仰せの通りです、官僚の方々も苦しいと思います、佐川さんはこれから死ぬまで人の目線が背中まですそがれていることをおもうと、悔いが残るでしょうね。
ヤスボー
2018/04/14 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
政治家の不正に勇気を振り絞って声を上げよう。あきらめてはならない 今を、精一杯生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる