今を、精一杯生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS 官僚(公務員)の崩壊!権力の怖さを思い知る

<<   作成日時 : 2018/04/12 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

森友・加計学園の問題は今の状態のままでは問題の核心までたどり着けないように思う。問題があやふやなまま時間ばかりが過ぎていく。こうしたことは日本の政治・経済・社会にとっても不幸だ。ほとんどだれの目にも安倍首相への忖度や安倍首相の既定路線への半強制的な雰囲気によって行われたことが明白なのに、官僚も自民党の国会議員もみんな押し黙ったままだ。三度の衆議院選挙を圧勝し安保法制の集団的自衛権を黒から白に言い換えた剛腕から、官僚も自民党議員も何一つ疑義を挟んだり言えない状態になった。そうした物言えぬ党内や官僚の結末が今の問題の元凶だろう。強いもの、長いものに巻かれろ、では結局、世の中はうまいこと行かないということだ。無理が無理を呼び、矛盾が矛盾を呼び、蓄積されたストレスが地震を呼び起こすように、少しでも正義や真実を追い求めないと、やはり社会は不正がはびこり、人間性が弱められていく。戦前、戦争反対というだけで、非国民とののしられ、あるいは銃殺された記憶が日本にはあるはずだ。いかに敷衍(ふえん)した一つの主義主張に逆らうことが困難なのか我々は身をもって知っているはずだ。だのに、一番優秀な官僚らが安倍首相のもとに、これだけ国民にうそを言い、だまし、不誠実になるのだ。権力を怖いものだと常々つぶやき、反省しなければならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
官僚(公務員)の崩壊!権力の怖さを思い知る 今を、精一杯生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる