今を、精一杯生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS 今回の選挙の争点は安倍首相への「NOかYESか」だと思う

<<   作成日時 : 2017/10/09 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

衆議院選挙が明日告示される。私は出張続きで、この3か月間ほどろくに新聞も読めない状況だから、政治の詳しいことはよく知らない。だが、やはり沈黙していていいのかどうかと考えると、やはり何かしゃべりたい。これまで安倍首相本人や内閣の問題点などを自分なりに指摘してきたが、今の私の感じることを書き記したい。

いったいこの選挙の争点は何か、と言えば、それは安倍政権をこのまま続けさせるか、どうかがだろう。すなわち安倍政権に対し、YESかNOかどちらを突き付ける選挙だと思う。だから、希望の党が票を多く集めて、安倍政権を過半数割れに追い込み、安倍内閣を退陣させれば、それは選挙によって、はっきりした民意を示したことになるだろうし、もし、これまで通りに安倍政権側が3分の2以上の議席を獲得すれば、安倍内閣を国民の多くが信任したということになるだろう。だから、各政党が選挙公約を出しているが、それらは消費税にしても、賛成反対とも似たり寄ったりであり、選挙後、真剣に討論すれば、またいろいろな名案も浮かぶと思う。憲法改正にしても、まだまだ国民の間で真剣に討論されているわけではなく、今のところ単なる提案に過ぎない。

 そうするなら、ほんとうの争点は、これまでの安倍内閣が行ってきた政策や国会運営、国民への向き方など、安倍政権の姿勢が問われていると思う。加計学園や森友学園、それに妻の言動や行動、菅官房長官の受けごたえの誠実さなど、政策を推し進める上での手法が問題視されていると思う。内閣人事局を創設して、官僚の人事権を握り、省庁が正義や公正さから遠ざかっている現状、本当のことを言うより嘘でごまかそうとする閣僚答弁により日本社会に公正さへの倫理観が欠如し始めている問題。これらは日本を民主主義国から物言えぬ国へ後退しつつあると言える。そして、その極めつけは憲法改正により、国民の人権を制限しようとする、一方的な上から目線。これにより、日本社会は沈没を早めるだけだろう。

 こうした現状を思い浮かべるにつけ、今回の選挙はとても大事な選挙であり、民主主義を守り、推し進めるのか、国主体の行政主権の国になり、国民主権を捨て去るのかの岐路になるような気がする。

 安倍政権をどう評価するのか。それは国民一人一人が将来向き合う国家のシステムを決めるものだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今回の選挙の争点は安倍首相への「NOかYESか」だと思う 今を、精一杯生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる