今を、精一杯生きる

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北(福島)の冬は厳しすぎるのだろうか

<<   作成日時 : 2017/08/08 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は福島県・会津若松市にいる。初めての東北だ。夏の一番暑い盛りだから、大阪近辺の光景とさほど変わらない。1軒1軒の住戸の建て方が違うのかなと思っていたが、それほど違いは感じない。山々に囲まれた盆地だが、思ったよりやや閑散としている。道路も混んでいなくて、住宅地も密集しているわけでもなく、車も多くない。中学生らしい生徒が、体操着で歩く姿をよく見かけるが、それ以外、若い女性をみかけるということも少ない。東北という地域は、案外人口密度が低いのか。西日本では、例えば九州あたりでも、田舎と呼ばれる地域に行っても、集落が点在したり、道沿いに所々、家々がみられる。しかし、ここでは、一旦、集落を抜けると、もう山岳地で、山を切り開いた集落がない。四国でも、近畿地方でも、こんな山深いところになぜ集落が発達するのか、といぶかるようなところに人々は住んでいる。しかし、今いる会津若松の私が通っている国道沿いは、開墾すれば人が住めるようなところも、やはり山地だ。近畿や四国、中国、九州とは気候が違って、冬、山地では、それだけ人が生きていくには、厳しすぎるということだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北(福島)の冬は厳しすぎるのだろうか 今を、精一杯生きる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる